英語学習法おすすめは?【オンライン英会話帰国子女が比較】

英検2級の合格率と必要なレベルは?単語・面接攻略

英検2級を持っていると就職の際に履歴書にも堂々と書けるとあって、このレベルを目指している方は多いようです。

NAT86_eijishinbuntochoko500

英検2級は筆記とリスニングで構成されています。

1級のように作文の出題はありません。

面接はおこなわれますが7分程度です。

渡される説明文をまず黙読して内容を理解し、その後音読をします。

そのトピックに関することを面接官が質問しますので内容を踏まえて答えていくという内容です。

はっきりと発音し、聞き手にわかるように話せているかという点がチェックされますが、同時に受け答えの態度も評価されています。

評価ポイントは音読、質問、態度の3つで、どれも同じ配点です。

「態度」については面接官の目を見てはきはきと受け答えができるようにしておきましょう。

一般的に英検2級合格には大卒程度の英語力、もしくはTOEICで少なくとも500~600点の実力が必要といわれています。

英語に興味を持っていて独学で英語をやってきた方ならば英検2級はさほど難しいものではないでしょう。

筆記の問題は単語の問題が10問、熟語7問、文法3問と決まっています。

動名詞、不定詞などおさえておくべきポイントもだいたい決まっています。

ですから2級に挑戦する方はまずは過去問を解くことから始めてください。出題傾向をつかむことが合格への近道です。

参考書はもちろん、インターネットでも英検の頻出問題がたくさん公開されていますのでそういったものを活用し、2級の受験に十分な準備をして備えましょう。

shika rank1 rank1dmmmdmmosusume dmmmmmosusume
英語学習法おすすめは?【オンライン英会話帰国子女が比較】 > 英語資格 > 英検2級の合格率と必要なレベルは?単語・面接攻略

関連記事

  1. 英検3級に合格するには?【リスニング・面接のおすすめ勉強法】

トラックバックURL

http://www.eigo-benkyou-matome.com/shikaku/%e8%8b%b1%e6%a4%9c2%e7%b4%9a.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)